Welcome to my small yard in Nara

- Diary 2019 -

Diary 2018←

2019.9.17. 青ジソの葉に、上顎の大きなヤガタアリグモ♂がいました。

2019.9.17 14:20 ヤガタアリグモ(Myrmarachne elongata)♂
2019.9.17 14:34 ヤガタアリグモ(Myrmarachne elongata)♂

2019.9.16. 花の咲いた赤ジソにさまざまな虫がやってきました。

2019.9.16 16:18 ヤガタアリグモ(Myrmarachne elongata)♀
2019.9.16 15:06 ヤマトシジミ
2019.9.16 15:12 ハキリバチの仲間? (お腹に花粉が一杯です)
2019.9.16 16:14 ホソアシナガバエ亜科の仲間 ?(アブ類)
「知られざる小さきハンター、アシナガバエの世界」(熊澤 辰徳, ニッチェ・ライフ 3:5-10, Dec. 2015)参照

2019.9.4. けいはんな記念公園内のガマのたくさん生えた水辺にシオカラトンボのペアがいました。1時間後には急に暗くなり激しい雷雨になりました。

2019.9.4 12:59 シオカラトンボ (腹部の空色がきれいなギンヤンマ♂も、飛び続けていました!)

2019.9.2. セミの抜け殻がまだ落ちていました。

2019.9.2 左下: クマゼミ♀の抜け殻(長さ:約37mm, 淡路産)

2019.8.26. ヒメアカタテハが花から花へと飛び移っていました。

2019.8.26 15:27 ヒメアカタテハ

2019.7.24. 近畿地方の梅雨明けが発表されました。小玉スイカを収穫しました。

2019.7.24 赤小玉スイカ

2019.7.9. 昼前に少し雨がやんで、今年はじめてクマゼミの鳴き声を聞きました。

2019.7.9 10:39 オクラ "まるみちゃん"

2019.6.27. 台風3号が近づく中、ハラビロカマキリの幼虫がリラの葉にいました。

2019.6.27 10:00 ハラビロカマキリの幼虫

2019.6.26. 近畿地方の梅雨入りが発表されました。1951年以降で一番遅いそうです。

2019.6.23. ヘメロカリスで、ササグモ♀がセグロコガネを捕まえていました。

2019.6.23 8:20 セグロコガネを離さないササグモ♀

2019.6.18. ナツツバキの葉の裏にキマダラカメムシの孵化した幼虫が集まっていました。クサギカメムシは振動がきっかけで一斉に孵化するそうですが、このカメムシも?

2019.6.18 8:37 キマダラカメムシ(外来種)の1令幼虫

2019.6.14. イタリアンパセリの花の上にアカスジカメムシがいました。

2019.6.14 9:02 アカスジカメムシ 吸蜜?

2019.6.11. ニゲラの実の近くに体長約3cmになったカマキリの幼虫がいました。

2019.6.11 10:44 カマキリの幼虫

2019.5.31. 曇り空の朝、ニゲラの花にカマキリがいました。ちっちゃいです。

2019.5.31 6:57 カマキリの幼虫

2019.5.29. 雨上がりの朝、カマキリの小さな幼虫がサツキの花の上にいました。

2019.5.29 6:20 カマキリの幼虫

2019.5.26. とても暑い中(気温30.2℃)、ニゲラの花から花へと花粉をいっぱいつけたコハナバチ?が飛び回っていました。

2019.5.26 12:35 コハナバチ? ヒメハナバチ?(脚がめしべに触れています。)

2019.5.21. 昨日の暴風と夜間の雨に耐えて、不思議な形のニゲラの花が咲いています。

2019.5.21 14:26 クロタネソウ(ニゲラ)

2019.5.18. 曇り空、鳴きながらシジュウカラ数羽の群れがやってきました。幼鳥はついていくだけなのか、親鳥に餌のイモムシをもらっている幼鳥もいました。

2019.5.18 9:56 シジュウカラの幼鳥3羽

2019.5.16. パンジーの花にモンシロチョウとツマグロヒョウモン♀がやってきました。モンシロチョウは吸蜜、ツマグロヒョウモンは産卵と目的が違うようです。

2019.5.16 12:21 江原ビオラのNo.19の花とモンシロチョウ 
2019.5.16 12:23 パンジーとツマグロヒョウモン♀ 

2019.5.9. オキゴンドウの全身骨格を見に、大阪市立自然史博物館に行きました。

曇り空でしたが新緑が美しく、長居公園にはカラスが鳩のように集まっていました。長居植物園のヘメロカリス園では、エゾキスゲがもう咲いていました。

2019.5.9 11:48 ハシブトガラス? 
2019.5.9 13:10 ダイサギ
2019.5.9 13:13 アオサギ 
2019.5.9 13:42 エゾキスゲ
2019.5.9 バイカウツギ (ユキノシタ科 満開でとてもいい香りでした。)

2019.5.2. 久しぶりに晴れて、ハナムグリがシュンギクの花にとまっていました。

2019.5.2 10:37 シュンギクの花とハナムグリ 

2019.4.26. 雨があがり、ハナムグリがシュンギクの管状花に口を突っ込んでいました。

2019.4.26 15:19 シュンギクの花とハナムグリ 

2019.4.23. 曇ってきて、ツバメシジミが大きくなったシュンギクの葉にとまりました。

2019.4.23 14:21 ツバメシジミ♀ 横のレンゲの花にもとまっていました。 

2019.4.22. 朝8時半、駅の近くの駐車場でコシアカツバメ4羽が目の前を通り過ぎ、2羽が地面にも降りました。朱い太い帯を初めて見ました。

2019.4.21. よくとおる大きなさえずりが聞こえたので見上げると、イソヒヨドリ♂でした。

2019.4.21 15:06 イソヒヨドリ♂ 

 朝、孵化を楽しみにしていたカマキリの卵鞘がなくなっていました。鳥が食べた?

 2019.4.7 カマキリの卵鞘
 2019.4.21 8:36 卵鞘のない枝

2019.4.16. フサフサの毛の生えたハナムグリが熱心にパンジーの花の中心部に頭を突っ込んでいました。翌朝にもいました。

2019.4.16 13:33 江原ビオラのNo.19の花とハナムグリ 

2019.4.13. クモマグサについていたナナホシテントウの卵の一部が孵化していました。

2019.4.13 8:02 ナナホシテントウの孵化した幼虫 

2019.4.4. やっと晴れて暖かく、長居公園・長居植物園のソメイヨシノは3分咲きでした。

ニオイザクラやヨウコウは満開、カワヅザクラは葉が出て小さなサクランボがなっていました。桜の花を、スズメ, ヒヨドリ, カラスがつついていました。

2019.4.4 ニオイザクラ 
2019.4.4 13:51 スズメ(お腹が地面についている?) 
2019.4.4 14:55 ダイサギ (ハス群生場でずっと餌をとっていました)
2019.4.4 15:08 バン (オオバン2羽もいました)
2019.4.4 15:15 ハシブトガラス?
2019.4.4 15:20 アオサギ (ドジョウ?を獲りました。)  

2019.4.2. 昨日も荒れ模様、やっと穏やかな朝、若葉の出た金木犀の木にメジロがいました。

2019.4.2 8:02 メジロ(1羽だけ) 午後はまた雨 

2019.3.31. 昨夜は嵐、風は強いですが雨はあがり、フタホシヒラタアブ♀がクモマグサの花にやってきて、口吻をのばして底のたっぷりの蜜をなめて花から花に移動していました。

2019.3.31 11:01 フタホシヒラタアブ♀

 クモマグサの花茎などについたアブラムシを採ろうとしたら、ナナホシテントウがいて、くまなく歩き回ってとってくれました!? そして、花の裏にナナホシテントウの卵が!!

2019.3.31 14:44 ナナホシテントウ♀

2019.3.28. 近くの溜池の端に、カルガモ2羽とカワウがいました。

2019.3.28 12:38 左:カルガモ、右:カワウ(黒い水かき!)

2019.3.26. 昼にカラスがときどき何かをついばみながら道路を歩いていました。

毎年ツバメがやってくるパン屋さんの巣は補修されているように見えましたが、ツバメはいませんでした。駅のガード下をくぐるツバメは6羽見ました。

2019.3.26 13:00 ハシボソガラス?

2019.3.23. 花壇のヒヤシンスが咲きました。

2019.3.23 11:16

2019.3.16. 寒い朝、だいぶ溶けた雪がうっすらと残っていました。最低気温と最高気温の差が10度以上の日が多いです(昨日は約15度)。

2019.3.16 9:09

2019.3.15. 小さな鉢のクモマグサが2回めの開花を次々としています。

2019.3.15 クモマグサ 花の色が1回め(1月開花)より赤いです。

2019.3.9. 近くの空き地の草むらをツグミが2羽、ヒバリが2羽、歩いていました。溜池にはオオバン1羽だけがいました。

2019.3.9 9:15 ツグミ
2019.3.9 9:15 ヒバリ♂?

2019.3.6. 正午に駅のガード下や上空を飛び交うツバメ4羽を見かけました。

2019.2.24. 近くの溜池に、オオバン1羽、オカヨシガモのペア1、カワウ1羽、アオサギ1羽がいました。まわりの木にはヒヨドリやツグミが多く、ウグイスも鳴いていました。

2019.2.24 11:24 オオバン
2019.2.24 11:43 オカヨシガモ♂♀
2019.2.24 11:49 アオサギ

2019.2.12. 冷え込んでいますが、イチョウの木に陽があたり白く輝いていました。

 ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロが木の実をついばんだり、コゲラが樹の幹をたたいたりしていました。

2019.2.12 イチョウの木
2019.2.12 14:44 黒い実をくわえたヒヨドリ
2019.2.12 14:54 コゲラ 木にとけこんでいます。
2019.2.12 14:57 白い実をくわえたシジュウカラ

2019.2.5. 数日暖かく、近くのフェンスに小さなタカ、ツミがとまっていました。

 近くの溜池には、オカヨシガモのペアが1組だけいました。

2019.2.5 11:55 ツミ♀?
2019.2.5 11:34 オカヨシガモ♂♀

2019.1.24. 季節外れのクモマグサの花が小さな鉢で咲いています。

2019.1.24 クモマグサ

2019.1.8. 近くの溜池に、ホシハジロ♂2羽、カルガモ4羽、ヒドリガモのペア1、オカヨシガモのペア2がいました。オカヨシガモはスイレンの葉の間の水面で食餌していました。

2019.1.8 13:52 ヒドリガモ♂♀
2019.1.8 13:55 オカヨシガモ♂♀?

2019.1.1. あけましておめでとうございます

 春日大社参道わきの大樹が、昨年の台風21号のせいか少しさびしくなっていました。

2018.12.7 10:38 シカ

Diary 2018←


HOME
ページのトップへ戻る